5年間悩んだゲップが止まらない症状に改善の兆し。食道を鍛える

5年間くらい悩みまして、

  • 病院で胃カメラで調査し、いろんな薬を試し
  • 鍼灸治療で針まで試し(2日くらいは気持ち的に楽になる)

ましたが、全く改善の兆しが見えなかった、ゲップが止まらない症状でしたが、
最近、

  • ゲップを止められるかも?改善できるかも?

という希望の兆しの抑制の方法を見つけました。

経緯

2012年、2013年から少しずつ

  • ゲップが止まらない症状

が起きだし、2015年には完全にゲップが気になるレベルになりストレスにもなりました。
その症状は、ひどい時だと10秒に一回くらいゲップが出るので、それはもうストレスですし気分も悪くなることがあります。

2017年に人間ドックのついでに、徹底的に改善を病院や鍼灸治療で試してみたのですが
改善の兆しは得られませんでした。
病院では、

  • 食道が緩い
  • 逆流性食道炎の兆候がある

とのことでした。

過去の私の記事が以下です

改善方法、食道を鍛える→横隔膜のトレーニング!

実は人間ドックの時に、胃カメラの先生に相談し、治らないなら

  • 食道を鍛える事は出来ないか?

と相談したことがあったのですが、答えはNG。
食道は鍛えられるものではないとのことでした。

しかし、「食道を鍛える」から調べていったところ、近しい箇所(横隔膜)を鍛えるトレーニング方法があり、このトレーニングを行うとその後、明らかにゲップが止まらない症状が改善するんです
これから一年間試して、完治を目指そうと考えています!

方法1、ドックブレス方法トレーニング

ドッグブレスとは、犬の呼吸をイメージした呼吸方法です。
簡単に言うと、口を開き、「は、は、は、は」と小刻みに呼吸をするだけの方法です。
このドックブレスには2種類あり、2種類とも試しています。

ドッグブレス・腹式呼吸の練習方法とは。 | 日本ボイストレーナー連盟

  • 口呼吸のドッグプレス

  • 鼻呼吸のドッグブレス

ドッグブレスで無くとも鼻呼吸自体が、実はこのゲップが止まらない症状に効くようですが、
私の場合、花粉症や鼻炎やらで普段から鼻呼吸が難しいんですよね、、、(なのでこの症状が出たのかもしれません)

方法2、横隔膜のトレーニング

この横隔膜トレーニングは念のためですね。
基本は、ドッグブレスだけで効果がありそうに感じていますが、横隔膜も鍛えたいと思います。

トレーニングを継続して、またゲップが止まらないストレスから完治したという良い報告をしたいと思います!

 

追伸、二週間後

残念ながら改善されていません、、、
二週間前のあの日は、明らかに効果があり、違ったのですが
今では何回トレーニングをしても、明らかな効果が感じられなくなりました、、、
慣れてしまったのでしょうか、、、もう少し頑張ります。

追伸、肋骨の下もしくはみぞおちを抑えて横隔膜トレーニングをすると効果がある

ドックプレスは自己流になってしまいましたが、続けていましたが、
別のyoutube動画でトレーニングしたときに効果があると感じました。

それがこちら

これも行った後に、何かしら刺激になったと感じました。
そして、これらの共通点に気が付きました。それは「口呼吸のドッグプレス」もそうだったのですが、
みぞおちもしくは肋骨の下をグッと抑える点でした。
意外にも、ここにポイントがありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です