2Kのテレビ・ディスプレイには2種類ある。フルHDとQHD

パソコンのディスプレイ業界よりも、テレビ業界の方が言葉があいまいで、
(正直、まだそこまでの解像度を必要としていない)
2Kのテレビを購入したときに、QHDと思って購入したら、実はフルHD(FHD)でした。

”2K”という表現にはフルHDとQHDの2種類がありますので注意して下さい

2Kとは、一般的に2000を意味します。
なので、フルHDもQHDも2000にまつわる解像度用語です。

フルHDとは?解像度が1920×1080

すべては「HD」という単位がベースになっています。
HD(High Definition)は解像度で言うと、1280×720の事です。
DVDの解像度が720×480なので、HD(HDのディスプレイ)はDVDより解像度が良いので、DVDは表示しきれます。
しかし、ブルーレイの解像度は1920×1080なので、HD(HDのディスプレイ)の方が解像度が低いので表示しきれないことになります。

話が脱線しましたが、フルHD(FHD)はHDのサイズの縦横それぞれ1.5倍のものを意味します。

  • 1280 × 1.5 = 1920
  • 720 × 1.5 = 1080

そして、フルHDも横の数が1920≒2000なので、オーバーな表現で2Kと表示されることがあります。

QHDとは?解像度が2560×1440

そして、QHDはHDの縦横それぞれ2倍のサイズを意味します。

  • 1280 × 2 = 2560
  • 720 × 2 = 1440

QHDのQはクワッド(=4)の略で、HDのサイズが縦に2倍、横に2倍なので2×2で4HDあることを意味しています。
こちらも2560≒2000なので2Kと言われます。
厳密には、QHDの方が2000オーバーなので2Kというとこちらをイメージしやすいですが。

QHD以上は大きいディスプレイ(27インチ以上)で無いと勿体ない、意味をなさない

今回、QHDの24インチのディスプレイを購入しました。
24インチで、QHDだとパソコンを使ってブラウザでインターネットなんかをしますと若干見た目が小さい、、、細かい表示になってしまいます。

一方、42インチのFHDのテレビを持っているのですが、これだと今度はテレビ画面の方が大きすぎて、パソコンを使ってブラウザでインターネットなんかをしますと見た目の表示が少し洗い。

  • 24インチでもぎりぎりQHDの恩恵を得られますが、24インチだと正直FHDでも良かったかな

と少し24インチQHDディスプレイを購入した後に後悔しました。(若干ですけどね)

以上、QHDディスプレイは27インチ以降くらいが見た目上、ちょうど良いのではないかと思った話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です